Ha:riana日記

つまりそういうこと

ここ最近感じていた、男の人の生き方に関する疑問。
漠然としていたけど、そのことがよしもとばななの「うみのふた」という本にズバリ書いてあって
興奮した。

男の人の持っている、探究心とか冒険心とかって、なんだか半端ない。
女の私には、ちょっと追いつけない。
自分をあえて、深くてきつくて危険なところへ追い込んで行くその感じは、
好奇心とかとはまた違う度合いのものって感じ。
好奇心なら私もある。

不思議に思っていたし、うらやましいって気持ちもあった。
いいなぁ、そのモチベーション、みたいな。

で、よしもとばななの本には、
「男の人は、真実を探しにどんどん暗くて淋しい方へ突き進んでいって、
女の人は、毎日の生活の中で小さな光を作るもの。
どっちもあって、はじめて人類の車輪は回る。
女の人が何かを突き詰めるにしても、そこまで深くならないところでストッパーがかかるのは、子供を生んだりするのってものすごく深くて暗いから、もうその勉強だけで充分だから」

みたいなことが書かれていて、
ああスッキリ。

昔からそうだけど、私の喉元まできてるのにモヤモヤしてウズウズした形にならない感覚みたいなものを、よしもとばななはいつも見事に言葉に変換してくれる。
今までどれほどこの人に助けられたんだろう。
サンディーさんのフラの発表会で見かけた時、素直にファンですって言えばよかったな〜
[PR]



# by fusa47 | 2009-01-04 12:59 |

あけましておめでと

両親と、母方のおじいちゃんおばあちゃんのお墓参りに行った。
おじいちゃんはさておき(ほんっっとごめんなさい)、おばあちゃんにすごく会いたかった。
年末あたりから無性に。

全然知らなかったけど昨日がおばあちゃんの命日だったらしく(知っておけ)、すでに生き生きした花が生けられてた。
誰か昨日お参りに来てたみたい。

お墓を掃除して、お線香をあげた。
お母さんが20歳のとき50歳で亡くなったおばあちゃんは、どんな人だったんだろうな。

すごく奇麗な人だったのよーってお母さんは絶賛してた。
編み物の先生だったんだって。
うちの母は和裁をやるから、受け継いでるんだなぁ。
わたしははちゃめちゃな継ぎはぎの縫い物が好きだけど、これは受け継いだうちに入るんだろうか。。。
ちなみにおじいちゃんはサラリーマンになる前は宮大工さんだったらしい。
欄間彫刻とか見てうっとりしちゃうのは、おじいちゃんの遺伝子なのかしら。

次は群馬へ、父方のご先祖様のお墓参り&扶佐子っていう名前をもらった子育て呑龍さんのいたお寺へ行きたいな。

両親と別れた後、横浜の山手へ行った。
昔働いてたケーキ屋さんが11月いっぱいで閉まっちゃったと聞いて、気になっていたから。
古い洋館を改装した、かわいいお店。

本当にいい土地と、いい建物で、働いてる最中とか帰り道とかに、急にノスタルジックな気分に襲われたりしてた。
お店じゃなくなった洋館は、主がいなくても相変わらず力強かった。
あのケーキ屋さんのオーナーは野心家だったから、相性があんまり良くなかったのだろう。
これで良かったんだ。
次はもっと素敵なオーナーがお店してくれるといいね、と思った。

洋館の前でボーッと突っ立ってたら、通りがかりのTHE貴婦人って感じのおばあちゃまに声をかけられた。
「ここのケーキすごく美味しかったのよ」と言ってくれた。
何分か立ち話をして、別れ際に、
「6時からミサがあるからよかったらいらっしゃい」と言って去って行った。

洋館のすぐ近くにある大きな教会。
5分迷った。
クリスチャンじゃないしなぁ。

でも、教会の話をこないだ友達としてたばっかりだし、なんだかタイムリーだと思ったから
ミサ、行ってきた。
面白かった。
神父さんの話もかなりタイムリーだった。

帰りにおばあちゃまとちょっとお茶でもしましょうかって言って、元町まで下りて行って、案内されたのはラーメン屋だった。ギャグだった。
貴婦人とラーメン屋。
お気に入りの男の子がいるから最近はまってるんだって。かわいい。

またいつか会いましょうと言って別れた。
素敵な人だったなぁ。
また会えるといいな。
[PR]



# by fusa47 | 2009-01-04 00:53 | 日常

散歩

善福寺公園へ行った。
葉っぱの匂いがかぎたくって行ったんだけど、どう考えても葉っぱなんてない時期。
でも、かすかにちゃんとした。

昨日会った友達と、その彼氏のことを思い出した。
色々あってやらなきゃいけないことをきついけどやって、今の彼と出会ってつき合ってっていう一連の流れの後で、ちょっと生まれ変わった彼女は、本当にちょっと別人だった。
「ゲームで言ったら2面クリアしたかんじ」って言ってた。

実際タフだし、いつも元気な彼女はその奥の奥にある繊細な部分を、本当にめったに人に見せない。
少なくとも私はみたことがなかった。
から、昨日彼と一緒にいて心底リラックスしてる彼女の笑顔には感極まるものがあって、
人って芯から安心するとあんな顔するんだぁ、と思ったら泣けてきたからとりあえず泣いた。
そういうことしても、全部許してくれるような、木のたくさん生えた公園だった。

ありがと。
[PR]



# by fusa47 | 2008-12-31 13:31 | 日常

対話 

ここ最近のキーワードは、どうやら「対話」みたい

毎日出る答えが違ったとしても、うんざりせずに、根気づよく、自分の体や心や、縁あって出会った対人と、まずはとにかく、対話することが肝!みたい
難しいなぁ。

対話って正直面倒くさいもんねぇ
決めつけちゃった方がよっぽど楽だ。、

でも独りよがりの何かだけでは見えなくなっちゃうことがたくさんあって、とにかく対話することでしか何にも始まらないんだなぁと、バイト中に食器洗いながら強くおもった今日この頃。。
[PR]



# by fusa47 | 2008-12-21 01:43 | 日常

言葉の代謝UP
by fusa47
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体


日常
ヨガ

音楽
HULA
未分類

フォロー中のブログ

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧